XM(XM Trading)の取引口座は、「マイクロ口座」「スタンダード口座」「XM Zero口座」の3種類の口座タイプがあり、それぞれ取引単位や最大レバレッジなどが異なります。

3種類の口座タイプからどのXM口座を選んでも取引は可能ですが、自分の投資金や取引スタイルに合わせて適切な口座タイプを選んだ方が取引しやすくなります。

この記事では、XM口座タイプの選び方を比較表と合わせてご紹介していきます。

関連記事 XMリアル口座開設方法

XM 口座タイプ比較表

 マイクロ口座スタンダード口座XM Zero口座
口座通貨USD, EUR, JPYUSD, EUR, JPYUSD, EUR, JPY
最大レバレッジ888倍888倍500倍
1ロット単位1,000通貨100,000通貨100,000通貨
最大取引量100ロット50ロット50ロット
最小取引量0.01ロット(MT4)
0.1ロット(MT5)
0.01ロット0.01ロット
最大保有可能数200ポジション200ポジション200ポジション
入金額以上の損失なしなしなし
最低入金額$5$5$100
取引手数料無料無料1ロット取引毎/片道$5
入出金手数料無料無料無料
口座維持手数料無料無料無料
複数口座開設可能可能可能
スプレッド1pips~変動1pips~変動0pips~変動
平均スプレッド1.7pips1.7pips0.1pips
注文方式NDDNDDECN
両建て可能可能可能
スキャルピング可能可能可能
取引ツールMT4 / MT5MT4 / MT5MT4 / MT5
FX通貨ペア57通貨57通貨56通貨
CFD取引33銘柄33銘柄不可
貴金属取引4銘柄4銘柄2銘柄
ロスカット水準20%以下20%以下20%以下
マージンコール50%50%50%
信託保全
自動売買(EA)可能可能可能
ボーナス獲得可能獲得可能不可

※ 最大レバレッジは、基本888倍ですが、口座残高が$20,001~$100,000になると200倍、$100,001~は100倍となります。

通貨単位とは?

通貨単位とは、その国の通貨単位のことを指します。1円なら1通貨となり、1万円なら10,000通貨です。

取引通貨単位は、取引する際の通貨単位です。例えば、ドル/円が1ドル100円のときに10万通貨取引する場合は、「10万通貨 × 100円 = 10,000,000円」という計算になり、10,000,000円分のドル円を取引するという意味になります。

しかし、実際に10,000,000円を用意する必要はなく、最大レバレッジ888倍により「10,000,000円 ÷ 888倍 = 11,261円」だけの資金で取引可能です。

XM マイクロ口座

XM マイクロ口座は、1ロット1,000通貨単位の取引口座です。

1ロットあたりの通貨量が1,000通貨と小さく、最低入金額も5ドル(500円)からなので、少額で取引する人におすすめの口座です。

  • 最大レバレッジ: 888倍

  • 1ロット単位: 1,000通貨

  • 最大取引量: 100ロット

  • 最小取引量: 0.01ロット(MT4)、0.1ロット(MT5)

  • 最低入金額: 5ドルから

  • 平均スプレッド: 1.7pips

  • MT4/MT5の通貨ペア表記: 通貨ペアmicro(例:EURUSDmicro)

投資金に対する取引量と損益の目安

下記の表は、5万円以内の少額取引をした際、どのくらいの量の取引ができてどれくらいの損益を狙えるかを表しています。

損益は、ドル円を取引しており新規注文から50pipsの差になったときの損益例です。

投資金
(有効証拠金)
取引ロット数必要証拠金証拠金維持率50pipsの損益
3,000円2.00(2,000通貨)259円1158%1,000円
5,000円3.50(3,500通貨)453円1104%1,750円
10,000円7.00(7,000通貨)907円1103%3,500円
50,000円35.00(35,000通貨)4,533円1103%17,500円

※最大レバレッジ888倍でドル円115.00円のレートのときに売買

数千円の投資金では、損益も数百円~1,000円程度と少ないですが、1万円以上の投資金になると損益も数千円~数万円を狙うことができます。

証拠金維持率1,000%程(実効レバレッジ80倍)で取引できる量を算出しています。

証拠金維持率とは、必要証拠金に対する有効証拠金の残高の比率を言います。証拠金維持率が低いほど実効レバレッジが高くなりリスクも高くなります。

XM スタンダード口座

XM スタンダード口座は、1ロット10万通貨単位の標準的な取引口座です。

取引単位が1ロット10万通貨というのは、海外FX業者では一般的な取引単位です。ちなみに日本国内FX業者は1ロット1万通貨が標準です。

マイクロ口座との異なる点は、「取引単位と最大取引量」のみです。投資予定金額が5万円以上の場合におすすめの口座です。

  • 最大レバレッジ: 888倍

  • 1ロット単位: 100,000通貨

  • 最大取引量: 50ロット

  • 最小取引量: 0.01ロット

  • 最低入金額: 5ドルから

  • 平均スプレッド: 1.7pips

  • MT4/MT5の通貨ペア表記: 標準

投資金に対する取引量と損益の目安

下記の表は、5万円以上の取引をした際、どのくらいの量の取引ができてどれくらいの損益を狙えるかを表しています。

損益は、ドル円を取引しており新規注文から50pipsの差になったときの損益例です。

投資金
(有効証拠金)
取引ロット数必要証拠金証拠金維持率50pipsの損益
50,000円0.35(35,000通貨)4,533円1103%17,500円
70,000円0.50(50,000通貨)6,475円1081%25,000円
100,000円0.70(70,000通貨)9,066円1103%35,000円
500,000円3.50(350,000通貨)45,327円1103%175,000円

※最大レバレッジ888倍でドル円115.00円のレートのときに売買

数万円~数十万円の資金(証拠金)で取引した場合、50pipsで数万円以上の損益を狙うことができます。

この目安表も証拠金維持率1,000%程で算出しているので、もしもっとリスクを取って取引した場合は、損益も目安表以上の額になります。

XM Zero口座

XM Zero口座は、スプレッド0(ゼロ)~と狭いスプレッドを提供するECN口座です。

狭いスプレッドを提供する代わりに、1ロット(10万通貨)取引毎/片道5ドルの手数料が発生します。0.1ロット(1万通貨)取引であれば片道0.5ドルの取引手数料です。

相場の状況や通貨ペアによっては、マイクロ口座やスタンダード口座よりも総合的なコストが安くなるため、特定の通貨ペアでスキャルピング取引をする人におすすめの口座です。

ただし、最大レバレッジは500倍、ボーナス権利なし、CFD銘柄取引不可、最低入金額100ドル以上と多くの制限があるのがデメリットです。

  • 最大レバレッジ: 500倍

  • 1ロット単位: 100,000通貨

  • 最大取引量: 50ロット

  • 最小取引量: 0.01ロット

  • 最低入金額: 100ドルから

  • 平均スプレッド: 0.1pips

  • 取引手数料: 1ロット取引毎/片道$5

  • CFD取引: 不可

  • ボーナス: なし

  • MT4/MT5の通貨ペア表記: 通貨ペア.(例:EURUSD.)ZRグループ内

投資金に対する取引量と損益の目安

下記の表は、5万円以上の取引をした際、どのくらいの量の取引ができてどれくらいの損益を狙えるかを表しています。

最大レバレッジ500倍、売買手数料を含めた損益例です。

投資金
(有効証拠金)
取引ロット数必要証拠金証拠金維持率50pipsの損益
50,000円0.19(19,000通貨)4,370円1144%9,282円
(218円手数料)
70,000円0.30(30,000通貨)6,900円1014%14,655円
(345円手数料)
100,000円0.40(40,000通貨)9,200円1087%19,540円
(460円手数料)
500,000円2.00(200,000通貨)46,000円1087%97,700円
(2,300円手数料)

※最大レバレッジ500倍でドル円115.00円のレートのときに売買

XMスタンダード口座の「投資金に対する取引量と損益の目安」を比較しても分かる通り、XM Zero口座は50pipsに対する損益額が大幅に少なくなっています。

この理由は、XM Zero口座の最大レバレッジが500倍なので、証拠金維持率を1000%程にした場合、取引できる量がスタンダード口座より少なくなるためです。

最大レバレッジや取引手数料、ボーナス対象外のデメリットを理解し、スプレッドのコストを抑えてスキャルピング取引をしたい人にはXM Zero口座は向いていますが、少額で大きな取引をしたい人には活かせない口座です。

XMの口座タイプの選び方のまとめ

  • XMは3種類の口座タイプから選んで口座開設する

  • マイクロとスタンダードの違いは、主に取引単位だけ

  • XM Zero口座は狭いスプレッドを提供するがデメリットも多い

  • 5万円以内の少額資金で投資する場合は、マイクロ口座がおすすめ

  • 5万円以上の資金で投資する場合は、スタンダード口座がおすすめ

  • 口座タイプに悩んだら「スタンダード口座」を開設すれば問題ない

口座タイプで悩んだら、とりあえずスタンダード口座で開設しておけば問題ありません。スタンダード口座は、0.01ロット(1,000通貨)でも取引できるので、5万円以内の少額でも投資可能です。

XMは後から簡単に追加口座を開設できるので、最初はスタンダード口座で開設し、慣れてきたらマイクロ口座やXM Zero口座を追加開設することもできます。

また、XM Zero口座はボーナス対象外なので、新規リアル口座開設ボーナスがもらうためにもスタンダード口座で開設した方が無難でしょう。

参考記事 XM口座開設方法。約3分で簡単にXM口座を開設完了