トレンドラインとは、ローソク足の高値と高値同士、安値と安値同士を結んで引いた線です。トレンドラインを引くことで現在の相場が上昇トレンドか下降トレンドかを知ることができます。

右肩上がりの線は上昇トレンドライン、右肩下がりの線は下降トレンドラインとなります。

この記事では、トレンドラインの引き方とトレンドラインを利用した取引方法をご紹介しています。

トレンドラインの引き方

MT4/MT5でトレンドラインをチャートに表示させる方法

トレンドラインを表示したいチャートを選択し、画面上の「/(斜線)アイコン」をクリックします。

トレンドライン表示方法

為替レートが過去のレートを更新して上昇している場合は、マウスの左クリックを押しながらローソク足の安値と安値を結んで線を引きます。

トレンドライン

為替レートが過去のレートを更新して下落している場合は、マウスの左クリックを押しながらローソク足の高値と高値を結んで線を引きます。

トレンドライン

以上の簡単な操作で、基本的なトレンドラインをチャートに引くことができます。

尚、引いたトレンドラインはダブルクリックすることでトレンドラインを移動したり、プロパティで色などの変更が可能になります。

  • 上昇トレンド: ローソク足の安値と安値を結んだ線が右肩上がりになる

  • 下降トレンド: ローソク足の高値と高値を結んだ線が右肩下がりになる

尚、水平線はトレンドラインとは異なります。水平線も高値と高値、安値と安値を結んで線を引きますが、「レジスタンスライン(上値抵抗線)」「サポートライン(下値支持線)」という言い方になります。

チャート水平線

参考記事 水平ラインの引き方と水平ラインを利用した取引方法

始値起点でトレンドラインを引く

トレンドラインは、ローソク足のヒゲを起点に引くのではなく、陽線と陰線の始値を起点に線を引きます。ヒゲと始値では線の位置が大きく異なってしまう為です。

トレンドラインの引き方

始値起点が見づらい場合は、チャートの表示方法をローソク足から「ラインチャート」へ変更すると見やすくなります。

トレンドラインの引き方

トレンドラインの正しい引き方

トレンドラインは、安値や高値同士を線で結ぶことでトレンドの判断ができますが、どんなローソク足の形でもすべてに引けば良いというわけではありません。

正しいトレンドラインを引くには、チャートの形が斜めの『N』の字が連続していることが条件です。

トレンドラインの引き方

大きいNは、ボラティリティが高く、小さいNは、ボラティリティが低いことを表しています。

同じような大きさのNの字が連続して続き綺麗な形になるほど、トレンドラインで反発や反落する確率が高くなります。

トレンドラインを利用した取引方法

上昇トレンドで押し目買い

上昇トレンドの場合、価格の下にあるトレンドラインは支持線としての役割を果たします。支持線とは、価格が何度も反発するライン(線)のことをいいます。

価格がトレンドラインに接触し、反発したときに買い注文を入れることで、利益を出しやすくなります。

上昇トレンドライン

押し目買いの決済のタイミング

「チャンネルライン」というインジケーターを追加することで、決済注文のタイミングを掴みやすくなります。

チャンネルラインとは、トレンドラインと並行にもう一つのトレンドラインを自動で引くインジケーターです。

MT4メニューバーの「Eマークアイコン」をクリックして、トレンドラインを引くときと同じように操作することでチャンネルラインが表示されます。

チャンネルライン

上記のチャート例に、チャンネルラインで並行してトレンドラインを引いた形が下記のチャートです。

チャンネルライン

自動で引かれた上値のトレンドラインに、価格が接触したタイミングで決済をすることができます。

下降トレンドで戻り売り

下降トレンドの場合、価格の上にあるトレンドラインは抵抗線としての役割を果たします。抵抗線とは、価格が何度も反落するライン(線)のことをいいます。

価格がトレンドラインに接触し、反落したときに売り注文を入れることで、利益を出しやすくなります。

下降トレンドライン

戻り売りの決済のタイミング

下降トレンドの場合も、チャンネルラインで並行して価格の下にトレンドラインを引くことで決済のタイミングを掴みやすくなります。

チャンネルライン

トレンド発生中の下げ幅や上げ幅が、ほぼ等しくなる

上昇/下降トレンドが発生しているときは、それぞれ下げ幅や上げ幅がほぼ等しくなることがあります。

トレンドが発生しているチャートの安値や高値に水平線を引くと、各上げ下げの幅がわかりやすくなります。

トレンドライン

この上げ下げの幅の特徴を利用して、下降トレンドでは下げ止まり、上昇トレンドでは上げ止まりを予測することも可能です。

『下げ止まりのポイントで逆張りで買い注文を入れる』『売っていたポジションの決済』などの取引戦略を立てることもできます。

トレンドライン

トレンドの転換ポイントを判断する

トレンドは永遠に継続するものではなく、いつかは必ずトレンドが転換します。

基本的には、トレンドラインで価格が反発や反落せずに、価格がトレンドラインを突き抜けると、トレンドが転換するポイントとなります。

ただし、価格がトレンドラインを突き抜けたと思わせる「ダマシ」もある為、複数の判断材料で慎重に見極める必要があります。主に下記2つの材料でトレンド転換を判断します。

  1. 複数のラインでトレンド転換を判断する

  2. トレンドラインの支持線と抵抗線が入れ替わるときに判断する

複数のラインでトレンド転換を判断する

下記のチャート例は、下降トレンドラインに追加で「水平線」と「上昇トレンドライン」を表示させたチャートです。

下降トレンドは、価格が切り下がって更新される為、上昇トレンドラインを引けない形になります。そのため、上昇トレンドラインが引けるようになったポイントで、『売り注文を避ける』か『3本のラインが重なるポイントで決済(場合によっては損切り)』をした方がリスクを抑えることができます。

トレンドの転換

トレンドラインの支持線と抵抗線が入れ替わるときに判断する

下記チャート例は、上昇トレンドラインを引いたチャートです。

上昇トレンドラインで価格が反発し支持線としての役目をしていましたが、最後は価格がトレンドラインを下に突き抜け、上昇トレンドラインが抵抗線として価格が反落しました。

トレンドの転換

上昇トレンドが支持線から抵抗線の役目に入れ替わったときは、トレンドが終了するサインのため、『買い注文を避ける』か『トレンドラインの支持線と抵抗線が入れ替わったタイミングで決済(場合によっては損切り)』をした方がリスクを抑えることができます。

トレンドが転換したあとの売買判断は?

トレンドが転換したあとは、その逆のトレンドになるか、ボックス(レンジ)相場になるかの2択です。

移動平均線など他のインジケーターやトレンドラインや水平線をチャートに引いて売買を判断することになります。

下記チャート例は、トレンド転換のポイントのあとに「水平線」「移動平均線(20EMA/75EMA)」「上昇/下降トレンドライン」を表示したチャートです。

トレンド転換後の売買例

下記の4つの条件が揃い、赤丸の箇所で「買い」注文をすることで利益を上げやすくなります。

  1. 移動平均線がゴールデンクロス

  2. 価格が下降トレンドラインを上に抜ける

  3. 上昇トレンドラインで反発を確認

  4. 価格が上値抵抗線を上に抜ける

以上の取引例のように、トレンドが転換したあとも複数のトレンドライン/平行線/インジケーターをチャートに表示することで、精度が高い売買の判断をすることが可能です。

トレンドラインの引き方とトレンドラインを利用した取引方法のまとめ

  • MT4/MT5のメニューバー「/(斜線)アイコン」をクリックしてトレンドライン表示

  • 安値と安値、高値と高値(始値起点)同士を線で結ぶ

  • ラインが右肩上がりになれば上昇トレンド

  • ラインが右肩下がりになれば下降トレンド

  • トレンドラインは、抵抗線と支持線の役目になる

  • 下げ幅や上げ幅が、ほぼ等しくなる

  • だましに注意

  • 複数のラインでトレンド転換を判断する

  • 支持線と抵抗線が入れ替わるときに判断する

トレンドラインは、世界中のトレーダーが利用している代表的な指標となります。

多くのトレーダーが利用しているからこそ、トレンドライン付近は節目として意識され売買高が活発になります。

上昇トレンドラインに価格が到達すると反発し、下降トレンドライン付近に価格が到達すると反落するのは、皆が意識してそのように売買しているためです。

世界中でよく使われるトレンドラインだからこそ、トレードに有効に使うことができます。

関連記事 FX取引で利益を出しやすくするためのポイント

その他の代表的なインジケーター

  1. 移動平均線をMT4/MT5へ表示させる方法と使い方

  2. ボリンジャーバンドをMT4/MT5へ表示させる方法と使い方

  3. エンベロープをMT4/MT5へ表示させる方法と使い方

  4. MACDをMT4/MT5へ表示させる方法と使い方

  5. RSIをMT4/MT5へ表示させる方法と使い方