パソコン対応MT4は、「複数チャート表示/ニュース・シグナル配信/カスタムインジケーター対応/自動売買機能/アラート通知機能」など多くの機能を備えているため、MT4の画面は一見難しそうに感じてしまいますが、各フレーム(枠)ごとに分けると理解しやすくなります。

この記事では、パソコン対応MT4の画面の見方について図解入りでご紹介しています。

MT4画面は大きく5枠に分けられる

パソコン対応MT4の画面は、大きく5つのフレーム(枠)に分けることができます。各フレームごとに機能を理解すると見やすくなります。

MT4画面の見方

  1. メニュー: 設定やチャート表示方法などを変更、自動売買をする枠です。

  2. 気配値表示: 通貨ペアや銘柄の気配値一覧が表示されている枠です。

  3. ナビゲーター: チャートにインジケーターを追加する枠です。

  4. ターミナル: 口座残高や取引一覧などを表示する枠です。

  5. チャート表示: チャートが表示される枠です。

1. メニューバー

MT4メニュー

MT4画面上の「ファイル~ヘルプ」と「アイコンマーク群」がメニューバーの枠です

MT4へのログインやMT4の設定、チャート表示方法などを変更したり、自動売買を動かしたりするときに、このメニューバーの枠から操作します。

必要最低限、「MT4へのログイン」「チャートの追加/表示方法変更」「新規注文」の3機能だけ覚えておけば問題ありません。

MT4へのログイン

MT4へログインするときは、「ファイル」 → 「取引口座にログイン」から、他の口座へもログインすることができます。

MT4ログイン画面

参考記事 XM MT4初期起動画面からログイン

チャートの追加/表示方法変更

「ファイル」の下に表示されている「+アイコン」をクリック → ご希望の通貨ペアをクリックで新規チャートを表示することができます。

もし、ご希望の通貨ペアが表示されていない場合は、気配値画面の上で右クリック → すべて表示をクリックすることで全通貨ペアを表示できます。

MT4新規チャート表示

参考記事 PC対応MT4で新規チャートを表示して見やすいチャートに設定する方法

MT4画面上の「M1~MN」をクリックすることで、ご希望の時間足にすることができます。(M1=1分足、H1=1時間、D1=日足、W1=週足)

MT4新規チャート表示

参考記事 MT4でチャートの時間足を変更する方法

新規注文

注文したい通貨ペアのチャートをクリックして選択 → MT4画面上のメニューバーにある「新規注文」をクリックすることで注文画面を表示させることができます。

MT4新規チャート表示

参考記事 PC対応MT4で注文と決済の取引をする方法

2. 気配値表示

MT4気配値表示画面

MT4画面の左上に表示されているのが気配値表示画面です。通貨ペアごとの気配値一覧の確認や各通貨ペアの仕様からスプレッドやスワップポイントなどを確認することもできます。

CFD商品の取引時間やスワップポイントを確認するときに、この気配値表示から各銘柄を右クリック → 仕様をクリックして確認します。

また、新しいチャートを表示する際に、気配値表示の画面上で右クリック → すべて表示をクリックで全通貨ペアを表示するときに使います。

MT4気配値表示画面

参考記事 取引予定の通貨ペアチャートを追加する

3. ナビゲーター

ナビゲーター

MT4画面左下に表示されているのがナビゲーター枠です。チャートにインジケーターを追加したり、ログインしたことのある口座を切り替えることができます。

MT4のナビゲーターの枠の中には、「口座」「インディケータ」「エキスパートアドバイザ」「スクリプト」と4つの大項目が表示されていますが、「口座」と「インディケータ」の2項目だけ必要最低限覚えておけば問題ありません。

口座

今までログインしたことのある口座は「口座」の項目に一覧として保存されます。口座IDをダブルクリックすることで、他の口座へ簡単にログインし直すことができます。

インディケータ

インディケータ(インジケーター)とは、チャートで様々な分析を可能とする指標です。XMのMT4は、既に50種類程のインディケータが最初から入っています。お好みに応じてチャートに適用させる事ができます。

エキスパートアドバイザ

略してEAと言われ、自動売買プログラムを起動することができます。MT4は、標準で自動売買機能もついていますが、自動売買を開始するには、運用成績の良いEAを購入するなどしてMT4に適用設定させる必要があります。

スクリプト

エクスパートアドバイザ(EA)が自動的に動くのに対し、スクリプトは一度だけプログラムを実行させることができます。基本的に初心者はあまり使用しません。

「インディケータ」からご希望のインジケーターを選択し、適用させたいチャートへドラッグ・アンド・ドロップをすることで、チャートにインジケーターが表示されます。

移動平均線表示

参考記事 チャートにお好みのインジケーターを表示する方法

4. ターミナル

MT4ターミナル

MT4の画面下に表示されているのがターミナル枠です。ターミナルでは、口座残高や取引中の一覧、取引履歴などを確認できます。決済はターミナル画面から行うので、とても重要な役割を持つフレームとなります。

もし、ターミナルの枠を間違って消してしまった場合は、メニューバーの「表示」→「ターミナル」をクリックすることで、再度表示することができます。

決済画面を表示

ターミナルの取引タブから決済したいポジションをダブルクリックすることで「注文の発注(決済)」画面を表示させることができます。

MT4決済画面表示

注文の発注画面の「成行決済」ボタンをクリックすることで成行決済(表示されているレートで即時決済)できます。

MT4決済画面表示

参考記事 PC対応MT4で成行決済注文をする方法

5. チャート

MT4チャート表示画面

MT4画面のほとんどの大きさを占めるのがチャート表示枠です。一つの通貨ペアチャートだけではなく、複数のチャートを表示させることができます。

いつも取引する通貨ペアや銘柄のチャートを常に表示しておくことで、取引の機会を逃しづらくなります。

チャートフレームに表示させた複数のチャートは、メニューバーの「整列アイコン」をクリックすることで、チャートが均一に整列されます。

MT4チャート整列

参考記事 表示した複数チャートを綺麗に整列する方法