レバレッジとは、FX口座に預けた資金(取引証拠金)の数百倍の金額を取引できる仕組みを言います。

少ない金額でも大きな金額を取引できることから、「レバレッジ(和訳:テコの原理)」と言われています。

国内FX業者は最大25倍のレバレッジですが、海外FX業者のXMは最大888倍のレバレッジを提供しています。

888倍というと口座に預けた資金の最大888倍の金額を取引できるという意味です。例えば、資金が10万円しかなくても「10万円 × 888倍」により88,800,000円分の金額を取引できることになります。

レバレッジの仕組み

レバレッジは、口座の資金を担保に大きな金額を取引できるので、足らない金額分は「借金して取引するの?」と思われることがありますが、決して借金しているわけではありません。

FX取引は、外国為替証拠金取引と言われ、差金決済という仕組みで売買されています。

差金決済とは、「取引したい金額の現金の受け渡しをせずとも、担保金だけ用意すれば反対売買の差額のみで決済できる」(買値 – 売値 = 差額の差金だけ決済)という仕組みです。

この差金決済の仕組みにより、レバレッジ取引が可能になっています。

難しく考えず「FXは資金の数百倍の金額を取引できる」とだけ覚えておけば問題ありません。

レバレッジをかけて取引する理由

レバレッジは、高いほどハイリターンで大きな利益を狙うことができます。

下記は、レバレッジをかけない外貨預金とレバレッジをかけたFX取引の比較表です。同じ投資金額と差益でも利益額が全く違うことが分かります。

 最大レバレッジ投資金例投資可能金額1円の差金に対する利益※1
外貨預金1倍(なし)10万円10万円分1,000円
海外FX業者XM888倍10万円8,880万円分88万8千円

※1 「1ドル=100円」のレートのときにドル円を投資可能額で全てを買い、1ドル=101円のときに決済した場合の評価損益です。(計算例)投資可能額10万円 ÷ 100円(ドル/円レート) = 1,000通貨 × 差金1円 = 1,000円

このようにレバレッジをかけた方が、少ない資金でも大きな利益を目指すことができます。

ただし、大きな利益を目指せる一方、同じ金額の損失のリスクもあることを心がけなくてはなりません。レバレッジが高い程ハイリスク・ハイリターンの取引となるのです。

レバレッジをかけるデメリット

レバレッジは、短期間で大きな利益を出しやすい魅力がありますが、同じ額のリスクも伴うのでデメリットもあります。

FXは、「売り」と「買い」の2択ですが、自分の売買とは反対に為替レートが動くと損失になります。損失が広がると証拠金不足となり強制ロスカットになることもあります。

高いレバレッジをかけすぎると、少し為替レートが動いただけで強制ロスカットになってしまうので、最大レバレッジに対して半分くらいの実効レバレッジで取引した方が良いでしょう。

尚、海外FX業者のXMは、マイナス残高リセットのサービスを提供しているので、投資金以上の損失がありません。投資金以上の損失がないことから、大きなレバレッジをかけてもリスク限定となるのは最大の魅力と言えるでしょう。

関連記事 FXで口座残高がマイナスになり借金になるとき

最大レバレッジと実効レバレッジの違い

レバレッジは、「最大レバレッジ」「実効レバレッジ」の2種類があります。2つのレバレッジは、同じレバレッジでも全く意味が異なります。

最大レバレッジとは

最大レバレッジとは、最大で利用可能なレバレッジのことを指します。

海外FX業者のXMは、最大888倍のレバレッジなので、「最大で888倍までレバレッジを利用できる」という意味になります。この最大レバレッジの範囲内で、FXや商品CFDの取引をしていくことになります。

また、最大レバレッジは、取引に必要な最低限の金額(必要証拠金)の算出にも使われます。

下記は、「最大レバレッジ25倍の日本国内FX業者」と「最大レバレッジ888倍のXM」の必要証拠金の比較表です。

 最大レバレッジ取引量例※1取引額必要証拠金
国内FX業者25倍1万通貨100万円40,000円
海外FX業者 XM888倍1万通貨100万円1,126円

※1 ドル/円「1ドル=100円」のレートのときに1万通貨を売買した例。

必要証拠金計算例

[約定レート]×[取引通貨単位]×[数量]÷[最大レバレッジ]=[必要証拠金]

[100.00円]×[1万通貨]×[1ロット]÷[888倍]=[1,126円]

上記必要証拠金比較表では、国内FX業者が必要証拠金に4万円必要なのに対し、海外FX業者のXMは1,126円の必要証拠金だけですむことが分かります。

最大レバレッジが大きければ大きいほど、必要証拠金が安くすむのです。

実効レバレッジとは

実効レバレッジとは、取引中のポジションを合計した「建玉(たてぎょく)」の運用レバレッジのことを指します。

取引中のポジションがどれくらいのレバレッジになっているかを表しています。もちろん、最大レバレッジの範囲内の実効レバレッジでなければ取引することができません。

実効レバレッジの計算例

「ポジション評価額(取引数量 × 各通貨の現在レート)」 ÷ 「有効証拠金額(資産合計 + 評価損益金 - 出金依頼金額)」 = 実効レバレッジ

「(取引数量)10,000通貨 × (各通貨の現在レート)100円)」 ÷ 「(資産合計)100,000円 + (評価損益金)0円 - (出金依頼金額)0円」 = (実効レバレッジ)10倍

上記の計算例では、実効レバレッジ10倍ですので、有効証拠金10万円に対し10倍の100万円分の取引を保有しているという意味になります。

実効レバレッジは、取引中の現在の為替レートに左右されるので、固定ではなく常に変動しています。取引プラットフォームのMT4やMT5では、実効レバレッジをリアルタイムで確認することはできませんが、証拠金維持率は自動的に表示されているので簡単に確認することが可能です。

参考計算式 「888倍」÷「証拠金維持率」×「100」=「実効レバレッジ」

レバレッジのまとめ

  • 資金の数百倍の金額を取引できるのがレバレッジ

  • 差金決済の仕組みがレバレッジ取引を可能にする

  • レバレッジが大きい程ハイリスク・ハイリターン

  • レバレッジが低い低い程ローリスク・ローリターン

  • レバレッジは、最大レバレッジと実効レバレッジの2種類がある

  • 実効レバレッジは、最大で利用できるレバレッジ

  • 実効レバレッジは、現在のレートを反映した取引中の運用レバレッジ

レバレッジは、資金の数百倍を取引できる魅力的な仕組みです。

FX以外でも、株の信用取引や先物取引でレバレッジを使った差金決済ができますが、888倍ものレバレッジを使えるのは海外FX業者のXMだけです。

更に、XMはマイナス残高リセットのサービスを提供しているので、投資金以上の損失がないというのも魅力の一つです。

無料で使える練習用のデモ口座もあるので、最大レバレッジ888倍を気軽に試すこともできます。